大阪府泉佐野市の歯科医院 小川歯科/一般歯科 予防歯科

初めて永久歯の生える6歳

 
 
初めて永久歯の生える6歳
 

★6歳臼歯★
6歳頃になると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきますこの歯の名前は、第一臼歯で、一番大きくかむ力が最も強い大切な歯です。また6歳ごろに生えるので「6歳臼歯」とも呼ばれています。

★6歳臼歯は、むし歯になりやすい★
6歳臼歯は、最も大切な歯なのに、むし歯になりやすい歯です。それは次のような理由があるからです。
   奥に生えてくるので、最初は気づきにくい。
   歯のかみ合わせの面の溝が深く、カスがたまりやすい。
   奥に生えてくるので歯みがきがしにくい。
   生えたての歯は、歯質が未熟なためむし歯になりやすい。

6歳臼歯のむし歯予防★
念入りに磨く>
小さめの歯ブラシを横から入れて一本みがきで、かみ合わせの面を、とくにていねいにみがきます。またお母さんも、仕上げ磨きをしっかり手伝ってあげてください。 6歳臼歯のむし歯予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です
そこで、小川歯科では1ヶ月ごとの検診をオススメしています(*^^*) 
〇科衛生士による歯ブラシチェックと、クリーニング
▲肇蝓璽肇瓮鵐肇吋
生活習慣の指導
ぅ侫蛋任陵用 

お子様の大切な6歳臼歯を一緒に守っていきましょう♪